HTMLとは - ホームページの基礎

トップに戻る > 普通のHTML > HTMLとは - ホームページの基礎

HTMLについて

HTMLとはもともと、文書交換を目的として開発されたマークアップ言語です。HyperText Markup Languageの最初の文字をとってHTMLと呼ばれています。文字をタグとよばれる記号でマークアップして表現していたのですが、SGMLのように文書を完全に構造化して表現するものでもなく、見栄えも表すなど、中途半端な言語として存在していました。

逆に、この中途半端さ(簡単さ)が受けて普及したともいえます。一般には、Mosaicというウェブ・ブラウザの登場で普及したといわれていますが、実際には、1990年代、インターネット普及期のNetscape(今のFireFoxの先祖?)とInternetExplorerによるHTMLタグの独自拡張により、見栄えを整えるための言語として普及したような気がしています。

実際、自分も90年代後半にホームページをつくろうといろいろと試行錯誤し、Netscape用のタグとInternetExplorer用のタグで見栄えが違うことから、デザインが崩れないようにするために苦労したのを思い出します。それを根本から変えたのがスタイルシートの登場です。

現在では、HTMLはXHTMLへと進化し、文書の構造化とデザインが完全に切り離されて、ブラウザが変わってもある程度デザインが崩れないホームページが作成可能な段階まで来ています。InternetExplorerとNetscapeの後継にあたるFireFoxでも、スタイルシートの解釈にそれほど大きな違いが出てこなくなりました。(まだ若干あるようですが)

また、デザインを切り離してスタイルシートに任せたことで、HTML本体は文書の構造化に特化し、また、アクセシビリティ等へも配慮したページの作成が求められています。(逆に、文書を構造化できる自由を得たともいえますね。)

今後は、HTMLがXHTML、そして、その次のステージへと発展していくことだと思います。

じゃあ、なんでこんなくだらないページを?

このコピペのページは単なる遊びです。ですので、突っ込まないでください・・・


トップに戻る > 普通のHTML > HTMLとは - ホームページの基礎
日時: 2008年03月18日 03:04
newsingに投稿BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークlivedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
トップに戻る
このエントリーの所属カテゴリ: 普通のHTML
このエントリーのタイトル:HTMLとは - ホームページの基礎



copyright © 2006-2008 all rights reserved
コピペではじめる簡単HTMLとブログ
newsingに投稿BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークlivedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク