ネットワークの基礎知識

トップ > ネット技術ノート > ネットワークの基礎

ネットワークの基礎知識

ネットワークとは

「ネットワーク」ほど様々な意味を持った外来語もないのではないかと思いますが、基本的な意味は「網(もう)」です。複数の点の結びつきを表す言葉として使われるようになったネットワークですが、ここでは、「複数のコンピューターをデータ通信用のケーブル等で接続したもの」という意味で使います。

では、何のために複数のコンピューターを接続するのでしょうか?ネットワークを利用することで、離れた場所でも速やかにデータの送受信が可能となったり、共同で周辺機器を利用したり、情報の一括管理ができるため、業務効率の向上に役立ちます。

「我が家にはパソコンが1台しかないから、ネットワークは関係ない。」と思っていらっしゃる方いませんか?そんな方でも、このページをご覧になっている方であれば、既にネットワークにつながっているのです。そう、「インターネット」です。インターネットはそれぞれの用途でつながれてきたコンピューターをつなぎこむための情報基盤として機能しています。「ネットワークとネットワークをつなぐ」という意味で「インターネット」と呼ばれはじめましたが、今では、一つの全世界規模のネットワークといってもいいでしょう。

このように便利なネットワークですが、コンピューターが家庭に普及し始めた1980年代は、パソコンがネットワークにつながるということはまれだったと思います。パソコン間のデータのやり取りはもっぱらフロッピーディクスを代表としたリムーバブルメディアと言われる媒体を介して行われてきました。この理由としては、単純にネットワーク用機器が普及していなかったこと、今ほど簡単に設定等が出来なかったこと、また、通信速度が遅かったこと、そして、通信コストが高かったことなど、個人向けという意味では普及しにくい環境でした。

この環境が大きく変わったのがWindows95の登場です。それと共に、パソコン間をつなぐネットワークの環境も大幅に向上しました。利用者がそれほど面倒な設定をしなくてもパソコン間をつなぐことが容易になっただけでなく、家庭で簡単にインターネットに接続するための手法も提供されました。

このように、現在のコンピューターにネットワークは欠かせない存在となっているのです。

LANとWAN

LANとは、Local Area Networkの略で、比較的狭い範囲でのネットワークのことを意味します。一般に、同じ建物や敷地内でのネットワークをLANと言うことが多いです。

一方、WANとはWide Area Networkの略で、広域通信ネットワークとも呼ばれます。職場等の建物や敷地を越えて、市内、県内等広い地域でコンピューターを結ぶネットワークを言います。ネットワークを構成する回線は電気通信事業者(NTTなど)の回線で接続されることが多いです。

LANの種類と接続方法

LANにはその接続の形態によっていくつかの種類に分類できます。

スター型LAN

ハブを中心に複数のコンピューターを放射状に接続する方式です。もっとも一般的な接続方法かもしれません。1台のコンピューターが故障しても全体に影響はないですが、スター型の中核をなすハブが壊れると全体が停止します。

バス型LAN

バスと呼ばれるケーブルに複数のコンピューターを接続する形態です。1台のコンピューターが故障しても全体には影響しません。

リング型LAN

各コンピューターをリング状に接続する形態。1台が故障すると全体が停止します。

LANのアクセス制御方式

LANの中に電子情報が…といったところで、結局、接続された線の中を何らかの信号が行き来しているだけのことなのですが、この信号をどのようにコントロールしているかでも、いくつがの方式があります。これをLANのアクセス制御方式と言います。

もう少しわかりやすく言うと、どのようなルールでLANの線の中を情報の交通整理をするか、ということです。先ほどの接続方式でスター型とかバス型というのが、道路の形状そのものだったのに対して、アクセス制御方式というのは、その上を走る車(情報)の交通ルールと考えてもいいでしょう。

CSMA/CD方式

長いですが「Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection」の頭文字をとったものです。複数のコンピューターからデータ送信をした場合、そのネットワークの伝達経路が空いているかどうかを確認。空いていれば送信。空いていなければ一定時間後に送信。データが衝突しても一定時間後に送信。 イーサネット型LANで利用されるアクセス制御方式。

トークンパッシング方式とは

LANを巡回しているトークン信号を取得したコンピュータだけが、そのLAN内で通信ができ、通信が終わると、そのトークンを開放することで、データ送信の順序や衝突の防止を防ぐ方式


トップ > ネット技術ノート > ネットワークの基礎

日時: 2008年01月06日 16:27
newsingに投稿BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークlivedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
トップに戻る
このエントリーの所属カテゴリ: ネット技術の基礎を学ぼう > 基礎技術編
このエントリーのタイトル:ネットワークの基礎知識



copyright © 2000-2008 all rights reserved
あいまいモード・コム - rss2.0 atom
newsingに投稿BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークlivedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク