プログラムの起動のさせ方

トップ > プログラミング研究 > 起動のさせ方
一つ前にもどる 目次にもどる 次のページへ

プログラムの起動のさせ方

プログラムを起動させる方法は簡単です。直接呼び出すだけです。これは通常のプログラムでも同様だと思います。ただ、ホームページ上で、という条件があるので、呼び出し方がURLの記述になっていることが大きな違いでしょう。

例えば、abcというプログラムを「 http://www.hogehoge.com/ 」というホームページで起動させる場合は、「http://www.hogehoge.com/abc 」とブラウザに打ち込んで起動させることになります。

ホームページ上でURLを読み出すように起動させることを考えると、下記のような方法も可能となります。

通常のリンクとして呼び出す場合

<a href="http://www.hogehoge.com/abc">ここをクリック</a>

フォームとして呼び出す場合

<form action="http://www.hogehoge.com/abc" method="get">
<input type="submit">
</form>

そして、読み出してその応答の結果は単純な表示(print命令)であることがほとんどです。 というのも、読み出されたプログラムが結果として返すのは、通常は「HTML」を記述したテキストデータだけだからです。(だからホームページとしてみることができるのですが・・・)

サーバーサイドプログラム用の言語として普及しているPerlを例にとるなら、例えば、「abc.pl」というプログラムが起動されると

print "<html><head></head><body>Hello World!</body></html>";

という命令を書くことで、ブラウザにホームページとして結果を表示することになります。

一つ前にもどる 目次にもどる 次のページへ
(作成2003/05/31 by あいまい)
(更新2004/12/25 by あいまい)

トップ > プログラミング研究 > 起動のさせ方

日時: 2008年01月24日 15:24
newsingに投稿BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークlivedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
トップに戻る
このエントリーの所属カテゴリ: プログラミング研究
このエントリーのタイトル:プログラムの起動のさせ方



copyright © 2000-2008 all rights reserved
あいまいモード・コム - rss2.0 atom
newsingに投稿BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークlivedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク